2018年1月5日金曜日

マスコットアプリ文化祭2017「プロ生ちゃん握手VR」

プロ生ちゃんと握手できるVRです。出オチ的な一発ネタです。マスコットアプリ文化祭2017に参加しています。


こちらからダウンロードできます。(※2018/01/07 22:10 Updated)
Oculus Rift CV1+Oculus Touchで動かすことを想定していますが、HTC VIVEでも動作はします(ただ、VIVEだとなぜかプロ生ちゃんが小さく見えます)

簡単な遊び方


pronama_akushu.exeをダブルクリックして起動すると以下のウインドウが出ます。
VRが動くPCをお持ちの方は、Screen Resolution「1920x1080」、Graphics quality「Ultra」で十分動くのではないかと思います。

ヘッドマウントディスプレイをかぶり起動するといきなりプロ生ちゃんが目の前に居ます。コントローラーとプロ生ちゃんの手首の位置が連動しているので、いい感じの位置に持っていってください。


コントローラーの取っ手を上にして、ゆらゆら動かしてみてください。左コントローラーがプロ生ちゃんの右手首付近、右コントローラーがあなたの右手首の位置ということになっています。

終了はAltキーを押しながらF4を押してください。

本格的な遊び方


冒頭の動画のように、右コントローラーをあなたの手首にリストバンドかガムテープでくくりつけてください。握手の際、親指が上になるとき、コントローラーの取っ手も上を向くように付けます。

そして、手袋(スキー用などのしっかりしたものが良いです)の右手首に、左コントローラーを同様にガムテープか何かでくくり付けます。あとは妄想力で握手を楽しみましょう!

謝辞


モデルはニコニ立体で配布されているプロ生ちゃんのFBXを使わせていただいています。
表情変化には、ウダサンコウボウさんにて公開されているBlendShapeBlinkのスクリプト、眼球の微妙な変化にはいちかさんのgithubで公開されているTransformJitterを利用させていただいております。ありがとうございます。

体の動きはFinal IKというアセットです。

免責

本ソフトウェアは「現状のままで」で提供され、明示的/暗黙的かどうかに拘らずあらゆる保証はないものとします。本ソフトウェアに起因または関連する事項、本ソフトウェアの使用、またはその扱いによって生じる一切の請求、損害、その他の義務について責任を負わないものとします。本ソフトウェアのダウンロードをもって、利用者は本項に同意したことになります。

Oculus RiftとUSBポートの話

この記事は Oculus Rift Advent Calendar 2018 の7日目です。 Oculus Rift CV1は素晴らしい。本当に素敵なVRデバイスなのですが、唯一の難点はTouchも使う際に「USBポートを3つも使う(場合によっては4つも)」だと思います...